音楽が楽しめる防音室|音トラブルを避ける方法

音楽を大音量でかける部屋

男の人

趣味が広がる部屋作り

趣味でバンドを組んでいたり、ギターやピアノを弾いたりと音楽に関する趣味を持っている方は多いです。こうした趣味を持った方にとって、練習場所の確保が最大の関門であると言えます。自宅で行うと近所にまで騒音が響いてしまうため、どこかのスペースを確保する必要があります。その場合は、防音室を利用して練習を行う人が多いです。防音室とは、文字通り音をその部屋だけに防ぐことで、外に音を漏らさないように作られた部屋のことを指します。防音室には、3つの素材が使用されています。1つが遮音材です。音は空気の通り道があればそこから音が漏れてしまいます。これを防ぐ為に遮音材を使用する事によって空気の抜け道を無くし音漏れを防ぐ効果があります。2つ目は吸音材です。これがないと、空気同士が反響してしまい音漏れの原因となってしまいます。そのため、なるべく厚いものを使用し空気が反響し合うのを防ぐ効果があります。3つ目が制振材です。空気の振動だけでなく床やタンス等といった物が振動し合うことで音漏れの原因になることもあります。これを防ぐ為に使用されるのが制振材です。最近では、簡易な制振マットも販売しているため制振材は比較的入手しやすい素材です。そのため、もしこれから家を作ったり、スタジオを作ったりする場合は、この防音室を作るといいでしょう。工事は業者に任せるといいです。しかし、既存の一戸建てやマンションなどで防音室を新しく作るのは難しいです。ですので、あらかじめ防音室として作られた場所を確保する事をおすすめします。そうすることで、思い存分趣味の音楽を楽しむことができるようになるでしょう。

専門業者に工事を依頼する

ウーマン

騒音対策をするには、防音工事を専門業者に依頼するしかありません。持ち家なら自己判断で依頼できます。一方、借家の場合は大家さんの許可を得てからにしましょう。対象となる部屋の壁や床に緩和材を入れることになります。

必ず見積もりを取ること

内観

防音工事の業者を選ぶ時、最初に相談した時、見積もりに来てもらった時が絶好のチャンスです。業者さんには積極的に分からないことを聞きましょう。1つ1つの質問に分かりやすく誠実に答えてくれるなら、信頼に値する業者だと分かります。また、事前調査をしっかり行ってくれる業者さんも安心なので、参考にして下さい。

楽器練習の為の防音の工事

工事

自宅でドラムを練習する場合には、周囲への音漏れ・振動の対策のために防音工事が必要です。工事費用は一室250万から350万円ぐらいが相場となっています。いくつか方法がありますので、工事をしたい部屋のつくりなどを見ながら、担当者と相談して決めましょう。