音楽が楽しめる防音室|音トラブルを避ける方法

楽器練習の為の防音の工事

工事

防音の為の工事

ドラムを自宅で練習したい場合、練習を行う一室には必ず防音工事を行なわなければいけません。防音工事は、ドラム室から外部への音漏れ・振動を防ぐことはもちろんのこと、さらに外部からの騒音も遮断し、ストレスなく練習が行えることを目的とします。楽器演奏を目的とした防音工事においては、壁だけでなく天井と床にも防音工事が必要となります。天井、床への直接の入射音、また壁からの反射による反射音が、天井と床を伝って隣室や外部へ放射されてしまうからです。ピアノ、バイオリンなど他の楽器に比べ、ドラムは特に音が大きく、また反射音や反響音もかなり大きいとされています。その為、ドラム室の為の防音工事は他の楽器に比べて工事費用が高めとなります。鉄筋コンクリート造りの一室の場合で、電子ドラム用の防音工事費用が250万から300万前後、通常のドラム用の費用が300万円以上が相場とされています。木造、鉄骨造りの一室の場合で、電子ドラム用の防音工事費用が300万円から330万円前後、普通ドラム用では350万円以上が工事費用の相場とされています。また、防音工事を行なう部屋のつくりによっては工事方法も変わりますので、実際に現地調査を行なうときに相談して決めましょう。業者へ防音工事を依頼した場合、必ず業者は一度現地に足を運びます。近隣状況を直接確認し、依頼主の要望、そして予算に見合った見積もりを無料で作成してくれる業者が殆どですので、防音工事をお考えの方はお気軽に問い合わせてみましょう。