音楽が楽しめる防音室|音トラブルを避ける方法

専門業者に工事を依頼する

ウーマン

持ち家の場合に最適な方法

楽器を自宅で演奏したり、小さな子どもが居て声がうるさかったりする場合には、騒音対策を施した方がいいかもしれません。最近は隣近所とのトラブルというと、圧倒的に騒音トラブルが挙げられるからです。子どもがただ遊んでいる声だけでもうるさく感じる人は居ます。近隣トラブルを避けるためにも、できることは試しておきましょう。特に持ち家の場合、騒音対策として専門業者に防音工事を依頼することができます。一方、借家の場合は大家さんの許可を得ないとできません。持ち家だからこそ、早急に工事をしておきましょう。通常、騒音対策は壁に防音用のクッションとなる緩和材を埋め込むというものになっています。家全体に工事をすることもできますが、費用面を考えるのなら使う部屋だけにしておきましょう。子どもの騒音が気になるのなら子ども部屋だけ、楽器演奏の音が気になるのなら楽器演奏の部屋だけというように行います。一室だけなら、それほど費用はかかりません。一方、集合住宅の場合も注意が必要です。上階の足音が気になるという人も居るからです。この場合の騒音対策はもちろん、床下に防音用の緩和材を入れることになります。また、日頃から静かに過ごすように意識することも大切です。他には、防音用のシートを敷き詰めるという手段もあります。子どもが床で寝転べるようなふわふわとしたマットを敷き詰めるのです。これはホームセンターでも売られているので、工事依頼を回避したい人にお勧めです。